【感想】CodeCamp(コードキャンプ)無料体験レッスンを受けてみた!【いきなりスクールに通うのはアリ?】

プログラミング無料体験レッスン CodoCamp(コードキャンプ)

今回は、

悩んでる人
悩んでる人
・プログラミングの無料体験レッスンってどうなんだろう?
・受けてみようかな…
・でも私コミュ症だからな…。
・入会の意志はまだ低いのに私勧誘に弱いからな…。
・そもそもプログラミングって難しそうだけど自分にもできるのかな…?
独学してから受講するべきなの?
・それともいきなり受講してみるのってアリなのかな…?
コードキャンプってとこが気になる…!

という方へ!

Kawai
Kawai
実際にコードキャンプの無料体験レッスンを申し込んで、
いろいろと質問してきたので、今後の参考にしていただけたらと思います! 

また、他のスクールに関しても同じようなことが言える内容となっていると思います!

  コードキャンプってなに?という方は下記よりご覧ください。

公式サイトプログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

では、さっそく受けてみた感想からどうぞ!

念のためいっておきますが、ステマは一切ありません。

【感想と僕が受講した目的】

感想としては「とても親身にご対応いただいたのでたいへん満足」でした!

ちょっとステマっぽく聞こえてしまうかもですが、 気になっているようでしたら、1度受けてみる価値は十分にあると思いますよ!

(なので記事にしています!)

なにより無料ですし、こちらにはメリットしかないですよね。

しいていうなら「もう少し時間があれば、コードをかく体験もしたかったな~」くらいです。

ま、これに関して質問ばっかりしている僕自身に問題にあるのですがw

40分間なので、あっという間に経っちゃいましたね〜。

なのでデメリットとしてあげるなら、40分間のみの体験ちょっと時間がけずられる都合を合わせて申し込むのが多少めんどくさい、というくらいでしょうか。

では、当時の経緯目的をかんたんに説明させてください。

「興味ない、早くなにを聞いてきたのか教えてよ」という方は、流していただいて問題ありません!

次の「【Q&A】聞いてきた内容と回答」へお進みください!

では話を戻します。

僕が受講したのは、2020年の3月上旬頃で、当時プログラミングに関してはやったこともなければ、理解も十分にありませんでした。

ただ漠然と、「プログラミングちょっとやってみたいな」「でも自分にもできるのかな?向いてるかな?」「IT業界で働けたらな〜」「スクールには通うべきなのかな?」とみなさんと同じ?状況でした。

なのであらかじめ、メモに聞きたい内容を全部かきだし、優先順位をつけて無料体験にのぞみました。

目的としては「悩み解消!」という感じで入会への意思もその時点ではありませんでした。

(実際にその後も入会していませんが…)

なぜ入会しなかったのかは、後ほど説明します。

先にこれだけ言っておきますと、決してコードキャンプが微妙そうって思ったということもないですし、実際にはクーポンも届いて、いきなり申し込むのもいいかもな〜と揺らいでいたのも事実です!

以上が、僕の感想です。

まとめると、

感想:満足、満足〜♪

受講した目的:悩みや不安の解消今後どうしていくか考えて行動につなげるため
では本題にうつりましょう!
聞いてきた内容と回答をまとめました!

【Q&A】聞いてきた内容と回答

ここからは、私が実際に聞いてきた内容と担当講師の「Q&A +αまとめ」になります!

全部で9問!

無駄な雑談などもしているので、そこは省いて、
情報価値の高そうなものだけを抜粋しました!

Kawai
Kawai
質問①
受講してみようか迷っているんですけど、独学してからのほうがいいですかね?
担当の講師
担当の講師
回答①
人にもよりますが、少しでも独学してから受講いただいたほうが、自分がどこでつまずいているのかを聞くことができるので、成長スピードは断然速いと思います!  

また、独学することやプログラミングについて事前にお調べていただいていたほうが、挫折してしまう可能性も圧倒的に低くなります!  

独学や自己管理は苦手、お金(受講料)にも余裕、強制的に勉強する環境をのぞんでいる方には、いきなり入会していただくことももおすすめです!

わりとそんな方たちも多いですよ!
ただし、保証はできません!
 

なるほど!って感じで納得できますよね?

まとめると、

独学してから入会した方が、

・成長スピードが速い

・挫折率も低い

※ただし、
・「資金に余裕があり挫折してもヘッチャラ!
・「自己管理は苦手、独学なんて無理!
・「覚悟もあって強制的な環境を希望している」 という方は、
いきなり入会もアリ!

こんな感じですかね。

コースによってはレッスン回数が無制限の場合もあるけど、
受講可能期間自体はどのコースもあるわけだから、
質のいいレッスンにしていくには、「まずは独学からスタートすべきだな!」と思いました!

また、独学したほうが難易度向き・不向き好きか嫌いか続けられそうかどうかなど、ある程度、自己理解につながってきますしね!

いきなりお金を払って受講するのはリスクもあるなって感じました。

決して安くはないので。(後ほど公式ページの料金表をお見せします。)

とはいえ、繰り返しになりますが、
独学なんて無理、お金も余裕、挫折してもヘッチャラ、自己管理も苦手、強制的に勉強したいって人はアリだと思いました!

やると決めたら、無理やりでも勉強した方がやらないよりはいいですからね!!!

少し余談になりますが、上記の内容が今回みなさんにもっとも伝えたい内容でした。

「独学してから入会した方が断然成長スピードも早く、挫折率も圧倒的に低い」

「当たり前じゃん!」って思う方もいっぱいるかと思いますが、
やはり現役のプロのエンジニアさんの言葉なので、重みがありました!

僕の場合、その言葉を聞いてコードキャンプにはいきなり申し込みせず、まずは独学からスタートしました!

(コードキャンプさんには申し訳ないのですが…笑)

では、次いきましょう!

 

Kawai
Kawai
質問②
IT・WEB業界に転職をしたいと考えているのですが、プログラミングにコミットするために、ニート期間をつくっても大丈夫でしょうか?

それよりも先に転職活動を優先すべきでしょうか?

 

担当の講師
担当の講師
回答②
その会社内での職種ご自身の年齢にもよりますが、無職の期間をつくったとしても充電期間と捉えればOK!  

その期間、何もやらないのはもちろんNGですが、プログラミングを勉強して実績をつくり、無職の期間中なにをしていたのかをきちんとアピールして答えることができれば、きっと大丈夫だと思いますよ!

そういった方もたくさんいらっしゃいます!  

ちなみに、コードキャンプではIT・WEB業界への転職に強みを持つ、
提携エージェントをご利用いただけ、転職支援サポートしています。


また年齢の制限はありますが、エンジニア転向コースとして、CodeCampGATEもありますよ!
   

お優しいお言葉をいただけました。

まとめると、

・ニート(無職)の期間があったとしても、
充電期間ととらえ、その期間でしっかり学習し、 実績(作品)を作ってアピールできればOK!

・コードキャンプには、
転職支援エンジニア転向コース「CodeCampGATEもある。

※ただし、就く職種や年齢にも関係があり、保証はできない
本人の努力は必須となる。

こんな感じでしょうか。

ちょっとあまいかもしれませんが、ニートになったとしてもインプットしたものをアウトプットして実績をつくっていきましょう!

ITのスタートアップの企業なんかは、学歴・経歴よりも実績を重視しているそうです。

とはいえ、早めに転職を決め、そこで実績を積むという方法が成長スピードとしては早いだろうなと思いましたし、就業中に学習も転職活動も両立していくのが一番理想ですよね。

少し余談かもですが、
私は1994年生まれなので、上記のようなお言葉をかけてもらいました。
(2020年現在、26歳になります。)

エンジニア転向コース「CodeCampGATE対象年齢は、20代(大学生、社会人の方)です。

では次いきましょう!

Kawai
Kawai
質問③
そもそも、プログラミングに向き・不向きはあるのでしょうか?
担当の講師
担当の講師
回答③
多少はあると思いますが、やってみないとわからないですよ!  

たしかに論理的(数学的)な思考も必要ですが、慣れや努力の部分が大きいと思います。  

また、プログラミング言語といっても複数あるので、 数学ができないから、英語ができないから、と言ってあきらめるのはもったいないです。

私自身、担当できるプログラミング言語と専門外のプログラミング言語があり、何十個も扱えるわけではありません。

なによりも大切なのは、1度経験してみて、楽しいだったり、興味関心を持って続けられそうかどうか
、という点ですね!

まずはやってみましょう!ってことですね。

まとめると、

プログラミングの向き・不向きを考えるよりもまずはやってみよう

・プログラミング言語にはいくつか種類もあるので、
「数学や英語が苦手=プログラミングに向いてない」 などと考えるのはナンセンス!

スポーツと似てますよね!

サッカーするのに専門書をたくさん読んだからといってうまくはなりませんし、
バスケができないからといってサッカーもできないとは限りません。

やってみないとわからないです。

「バスケができない」=「サッカーできない」と考えるのは明らかにナンセンスですよね。

では、次いきましょう!

Kawai
Kawai
質問④
自分はIT・WEB業界への転職を希望しているのですが、
スクール卒業後や独学後にフリーランスとしてやっていく方も多いと聞きます。
そのことについては、どうお考えですか?
担当の講師
担当の講師
回答④
正直、未経験からいきなりフリーランス独立することはオススメはできないですね。

業界も業種も未経験であれば、まずは転職するべきだと考えています。

経験からいえることとしまして、実務経験もないまま、 いきなりフリーランスになって生計を立てていくのは現実的に考えると苦労することが多いと思います。

とはいえ、様々な理由や事情があってフリーランス独立を目指す方も多くいらっしゃいますよ。  

挑戦する価値はあると思いますが、相当、覚悟する必要があるのではないでしょうか。  

具体例をあげると、大工さんが鉋(カンナ)の使い方とくぎ打ちを習っただけで工務店を開業するみたいなものだということです。
信頼を獲得するまでに相当な努力が必要ですよね。

「そりゃそうだよな。」と思いながら、聞いてました。

ちょっとリスキーですよね。

独立を目指すにしてもまずは実務経験が大事ってことですね!

会社で学べることもたくさんありますからね!

まとめると、

スクール卒業後、もしくは独学後、

フリーランス(独立)を目指すことはオススメできない。

実務経験が大事なので、転職することがオススメ!

※ただし、挑戦する価値はあるのでは?
という感じですかね。

公式サイトから引用すると、

フリーランスとしてどれくらい活躍することができるかは
ご本人の努力次第なので約束することはできませんが、
CodeCampの講座を修了していただければ、
仕事を受ける上での基礎的な知識やスキルを習得することができます。

https://codecamp.jp/faq

と記載されていました。

では、次いきましょう!

Kawai
Kawai
質問⑤
人気のコースを教えてください!
担当の講師
担当の講師
回答⑤
・Webマスターコース
・デザインマスターコース
・プレミアムプラスコース
・プレミアムコース
が人気ですね!

公式サイトから引用してまとめますね。

コードキャンプ身に付くスキル https://codecamp.jp/courses/comparison

もっと詳しく知りたいという方は、
公式サイトへ プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp  

 

Kawai
Kawai
質問⑥
僕は、 Webデザイナー、UI/UXデザイナー、フロントエンドエンジニア、
この当たりを目指したいと思っているのですが、
おすすめのコース必要なスキルを教えてください!
担当の講師
担当の講師
回答⑥
デザインマスターコースになるかな〜。  

しかし、フロントエンドまで目指すのであれば、 PHPも習得したいところなので、 Webマスターコースでもいいかと思います。

その場合、Photoshop、Illustratorを独学するといいですよ!  

贅沢にいくなら、プレミアムコースの4ヶ月以上のプラン
プレミアムプラスコースもおすすめできますね!

あとWordPressも必要なスキルと言えますね。

別でWordPressコースもありますが、Kawaiさんの場合、ブログ開設できているということなので、あとは書籍なんかで独学できると思います!
             

なるほど〜!
まとめると、

Webデザイナー、UI/UXデザイナー、フロントエンドエンジニア
このあたりに必要なスキルとして、

HTML / CSS / Bootstrap / JavaScript( jQueryを含む )/ PHP / Photoshop / Illustrator / WordPress

があげられそうですね。
 
Kawai
Kawai
質問⑦
おすすめのエディタを教えてください!
担当の講師
担当の講師
回答⑦
VSCode(Visual Studio Code)ですね!  

他にも
Atom
Sublime Text
も有名で初心者にもやさしいですよ!
 

まとめると、

おすすめのエディタ

VSCode(Visual Studio Code)

補足:エディタというのは、コードをかくためのアプリのことを言います。
 
「もっと詳しく知りたい」「VSCodeがオススメな理由が知りたい」という方は
 
Kawai
Kawai
質問⑧
もう35分すぎてますが、今からはさすがにコードをかく練習はできないですよね?w  

思っていたより40分間ってあっという間ですね。

普段の無料体験レッスンでは、コードを書く練習までできるもんなのですか?
担当の講師
担当の講師
回答⑧
申し訳ありませんが、厳しいですね〜w

人にもよりますが、ご希望に応じて簡単なプログラミング体験をご用意しております。  

とはいえ、時間も40分間と限られていますので、
1.プログラミング学習についてのヒアリング
2.コードキャンプのご案内  

その後、この流れのまま、今回のKawaiさんのようにご相談・ご質問対応という流れになることが多いですね。  

しかし、お客様によってはプログラミング体験を目的として受講してくださる方もいらっしゃいますので、そこはお客様に合わせています。
 

なるほどです!

時間がもう少しあれば体験してみたかったなーという感じでした。

ぜひ、ここまでブログを読んでくださった方には、プログラミング体験を希望して、少しでも体験学習をすることをオススメいたします!

以下に無料体験レッスンの流れ使用する教材を公式サイトから引用しておきます。

無料体験レッスンの流れ 
https://codecamp.jp/trial_lesson
https://codecamp.jp/browse

まとめると、

お客様のご希望に合わせて、

・無料体験レッスンでも簡単なプログラミング体験は可能!
(上記引用画像 体験レッスンの流れSTEP04に相当します。)

・HTML / CSS / JavaScript簡単なプログラミング体験ができる。
(上記引用画像 体験レッスン教材0-2〜0-4に相当します。)

ということでした! では次いきましょう!これでラストです!

Kawai
Kawai
質問⑨
最後にプログラミング魅力やりがいをお聞かせください!
担当の講師
担当の講師
回答⑨
プログラミングスキルを習得することで、
社会に必要とされる人材になれることであったり、  

「あったらいいな!」と思うものを具現化することでモノづくりの楽しさを味わえるということですかね。  

エラーや挫折しそうになる場面も多々あると思いますが、プログラムが理想どおりに動いたときの達成感高揚感はたまりません!

最後にプログラミングの魅力とやりがいを語ってくださいました!

モチベーションも上がりますね!

まとめておくと、

プログラミングの魅力やりがいについて

人材市場価値が高く、社会の役に立てる

アイデアを具現化することでモノづくりの楽しさを味わえる。

プログラムが理想どおりに動いたとき、達成感高揚感が味わえる。

ということでした。

いかがでしたでしょうか??

少し長かったかもしれませんが、参考になったかと思います!

念のため、記載しておきますが、担当の講師によっては意見が異なる部分も多少あるかと思います。

とはいえ、とてもためになる無料体験レッスンでした!

僕自身、これをキッカケに独学からスタートさせることができましたし、

目的であった「悩みや不安の解消」と「今後どうしていくか考えて行動につなげる も達成でき、感想としてはとても満足♪ という感じです!

みなさんもこれを機会に少し始めてみてはいかがでしょうか??

また、もっと気になることや悩みがあるようでしたら、

現役のエンジニアさんに直接、無料でお話をうかがうことができるので、

この機会に無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

【補足】勧誘の有無・程度について

補足事項としまして、

勧誘の有無・程度についてお話したいと思います!

入会する意思が低いのにズバズバこられても困りますよね。

特に、コミュニケーションが苦手な方勧誘に弱い方はこのあたり気になるかと思います。

結論からいうと、あからさまにはされないです!

担当される講師にもよるのかなと思いますが、さり気なくハサんでくる感じですかね。

しかし、CodeCamp事務局からのメールは今でも届きます。

これに関しては、メルマガを停止すればいいだけの話ですが…w

まとめておくと、

無料体験レッスンで勧誘は

・あからさまにはされないが、さり気なくアピールされる。

・勧誘メールが届く。(メルマガ停止か無視すればOK!)

また、無料体験レッスン後は、

すべてのコースに利用できるクーポン10,000円分が利用できます。

最後に料金プランの比較表だけ公式サイトから引用してのせておきますね!

プラン比較表 https://codecamp.jp/courses/comparison

ちなみに、コードキャンプのレッスン満足度は96.6%と高い水準をしめしていますね。

(※満足度:2018年10月-12月期 / 会員向け、レッスン評価アンケートの集計結果の数値だそうです。)

【いざ、無料体験を受ける前に】 コミュニケーションが苦手な方へちょこっとアドバイス

おせっかいかもしれませんが、

「無料だから話だけでも聞きたい、でもコミュ症だから勇気がいる、緊張する」という方へ。

僕からちょこっとだけアドバイスできればと思います!

僕自身もコミュニケーションはそれほど得意じゃないですし、緊張しーです。

(切実に直したい…。)

繰り返しになりますが、 無料体験の時間は40分です。

人によっては長いと思われるかもしれませんよね。 今一度、流れを確認すると、

無料体験レッスンの流れ https://codecamp.jp/trial_lesson

流れにそってアドバイスしていきたいと思います!

まずSTEP02.プログラミング学習のヒアリングについては

講師側からプログラミングの学習状況や受講されたキッカケなどを質問してきます。

なので正直に答えればいいと思うのですが、

この時に入会への意思の程度を伝えておきましょう!

そうすることで、過度な勧誘などは防げるかと思います!

次にSTEP03.コードキャンプについてのご案内ですが、

基本的に「ふむふむ」と聞いいておけばいいと思います。

公式サイトを見れば理解できる内容を話されるかと思います。

もし、プログラミングの体験を少しでも長くやりたい、質問時間を長くしたいという方であれば、「公式サイトにかいてありましたね〜」という感じで

公式サイトしっかりチェックしてるから大丈夫だよ感を出して見てください!

変な言い方になりますが、逆に時間が稼ぎたければ、質問を用意しておきましょう!

公式サイトに書いてあることでもバンバン質問すればいいと思います。

次にSTEP04 or STEP05のどちらかになります。

僕としてはぜひプログラミング体験をご希望してみては?と思います!

(そのための今回のブログ記事でもあるので。)

僕としては、僕が代わりに質問してきたからこれを読んでくださったみなさんには「プログラミング体験をぜひしてきてくださいね」という想いを込めて書きました。

ちょっと話がそれたので戻すと、プログラミング体験を希望する方はぜひ、そのまま希望して楽しんできてください!

逆に、「今回はプログラミングの体験まではいいや」「質問いっぱいしたい」「悩みや不安を解消していきたい」と思っている人は、STEP5ですね。

STEP5のアドバイスとしては、

事前に質問を考えておき、優先順位をつけてのぞみましょう!

また、メモを準備し、回答をメモすることも大事だと思います!

まとめると、

流れのコントロール過度な勧誘防止のため、

・入会への意志の程度はなるべく早い段階で伝える。

・優先順位をつけて質問を用意しておく。

メモの準備も忘れずに!

(代わりに質問してきたので、ぜひプログラミング体験をみなさんには受けていただきたい!)

【最後に】

繰り返しになりますが、

僕自身この無料体験レッスンを機に、 プログラミングの独学の第一歩を踏み出せるようになりました!

今、プログラミング学習して約4ヶ月ちかく経とうとしていますが、プログラミングで大事なことは、実際に自分の手を動かし、プログラムをかく(コーディングする)ことが最重要だと思っています。

「あーだ、こーだ」考えてみても無駄です。

とはいえ、勇気のいることだと理解していますし、普通の心理状態だと思います。

実際に僕もそうでした。

しかしながら、繰り返しますが、

プログラミングに関しては手を動かすことが一番勉強になりますし、

楽しさや向き・不向きや好き嫌いもわかってきます。

参考までに、スクールに入る前にやっておくべき、おすすめステップを

こちらの記事に記載しました。

主な内容はタイトルどおり「デイトラ(オンラインプログラミングスクール)」に関してですが、

プログラミングの始め方】

〜デイトラや他のスクールに入るまでにやっておくべき僕のおすすめステップ〜

という項目に、初動のおすすめステップがかいてありますので、今後の参考になれば幸いです。

最後に、 当ブログでは、

ちょっことしたスキルからキッカケとなる場所へコンセプトとしてかかげています!

どうぞ、今後とも有益な情報を提供していきますので、

本ブログ『Re:place(リプレイス)』をどうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました